ペニス増大に医学的な実現性は存在するか

大きなペニスというのは、ほとんどの男性が潜在的に持っている願望と言っても過言ではないでしょう。そうしたこともあって、後天的にペニスを大きくすることができるかどうかというのは、昔から様々な研究が行われてきました。

大きなペニスを求め続けた人類史

古代より人類は大きなペニスに対して畏敬の念を抱いてきました。それは単に性的な関心というだけでなく、生命の神秘として宗教的な意味合いも帯びていました。様々な民族の古代信仰には、男性のシンボルが様々な形で登場してきます。古くは紀元前数千年前のマヤやエジプト文明の遺跡や壁画等に残されている宗教的儀式等を執り行っている様子から、当時のペニスに対する信仰を伺い知ることができます。その中には、ペニスに対して重りを付けることによって、ペニス増大を行おうとしていたことも記録として残されています。アフリカにおいては、現在でもこうした風習が一部に残っており、続けられているようです。

ペニスへの取り組みと医学的根拠

中世以降になると、単に重りを使った方法だけではなく、薬草による効果を狙った研究が行われるようになってきました。現代にもあるいわゆるペニスポンプが登場するのは20世紀に入って以降のこととなります。医学の進歩にともなって、美容整形の技術も発達した結果、外科手術による方法も実現可能な状況となってきました。現在では、特にヨーロッパにおいて医学的なアプローチが現在でも積極的に続けられています。その結果として、認可を受けた数多くの医療器具やサプリメント等が登場するようになってきました。大きさを倍にしたいともなれば外科手術によるしかありませんが、10%前後であれば器具やサプリメントによる方法でも十分可能性があります。

外科手術以外の方法によるペニス増大

ペニス増大の方法としては、外科手術以外にトレーニングやサプリメントによる方法があります。ペニス自体は、その9割が海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織から形成されています。これが血液で満たされることで勃起することが可能となるわけですが、流れ込む血液量が多くなれば、その分だけ硬さや大きさが増していくことになります。しっかりとした栄養摂取とトレーニングを行うことによって、外科手術ほどではないにしても、ある程度のペニス増大は十分に可能です。そのためには海綿体に対する血流の改善によって、海綿体細胞の増殖させることが重要です。いわゆるペニス増大サプリメントは、それに必要な栄養素を補給し、効率的に消化吸収させることで増大を図っているわけです。

まとめ

昔から人間は、大きなペニスに対して畏敬の念を抱いてきました。そして同時にペニス増大のために様々な工夫を続けてきています。現在では医学が発達し外科手術によって、実際にペニスを大きくすることができるようになりました。また外科手術以外のサプリメントやトレーニングによる方法でも十分にサイズを大きくすることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です